子猫柄

日本人はいつから猫を飼うようになったのか?

【宇多天皇御記】で、899年に先帝である光孝天皇が飼っていた唐から来た

黒猫を宇多天皇が譲り受けたとの記録があります。

 

日本へは6世紀半ばの仏教伝来とともに中国から船に乗ってきたと考えられ

ています。飛鳥時代(592~710年)から奈良時代(710年~794年)の頃には

猫は日本にいたと推測されます。