分銅繋ぎ

分銅繋ぎ【ふんどうつなぎ】は日本の伝統文様です。円の左右を円弧上にくびさ

せた形状を規則的につなげた文様。

 

江戸時代の分銅は真ん中が、くびれていて味がある形をしており、縁起の良い

ものとして宝尽くしの文様のモチーフとしても使われています。

 金や銀を、分銅の形で鋳造して貯蓄した面から、富の象徴として縁起の良い

柄とされていた。