立涌文様

立涌文様 

立涌は【2本の曲線を用いて水蒸気が沸き立ちのぼっていく様子】を表している

有職文様です。

 

 

有職文様とは、平安時代以降、公家階級の装束、調度品などに用いられていた

伝統的な文様のことです。当時は階級によって身につけるものや色、模様まで

決まっていて、限られた身分の人が身につけることを許された文様です。

この立涌文様は、正倉院の宝物としておさめられている古裂にもよく見られま

す。