龍郷柄

 

龍郷柄(たつごうがら)といえば大島紬を代表する伝統柄です。

 

江戸時代に薩摩藩から【奄美大島らしい大島紬の柄を考案せよ】との命が下り

図案師が図案化したことが始まり。

奄美大島の自然の恵み、ソテツの葉とハブの背の鱗模様を意匠化したもの。

 そんな龍郷柄をモチーフにしたオリジナルデザインのテキスタイルです。