おさる

日本は世界でも珍しいサルの神を崇める国です。

【古事記】に書かれた天孫降臨で邇邇芸命(ににぎのみこと)

を道案内したのはサルの神、猿田彦です。

日光東照宮には有名な(見ざる聞かざる言わざる)が

レリーフとして刻まれています。

(サルカニ合戦) (桃太郎) など日本の昔話にはサルが

しばしば登場する。

日本人にとってサルは身近な動物である。