七宝文様

七宝文様は日本の伝統文様です。いくつもの円の円周を四分の一ずつ重ね、

上下左右に連続させている模様。四方どちらへも永遠に続き縁起の良いことから

、(四方)→(しっぽう)→(七宝)と呼ぶようになった。

正倉院に、七宝模様の絹地が残されているので奈良時代には使われていたと

思われます。また平安時代には貴族たちの装飾品にも使われていたようです。

七宝の円形は円満を表すことから、縁起の良い吉祥文様です。