唐草文様

唐草文様は、つるが絡みあう様子を表しています。古代ギリシア神殿の円柱などに見られる草の文様が原型。 メソポタミアやエジプトから各地に伝播した。シルクロード経由で日本に伝わり、日本では奈良時代に渡来した様式から、図案化が進み葉に当たる部分など簡略化されほとんど原型をとどめていない。

 生命力が強く途切れることなくつたを伸ばしていくことから【繫栄、長寿】などの意味があり縁起のいい文様です。