慈照寺(じしょうじ)

慈照寺(じしょうじ)は、京都市左京区銀閣寺町にある臨済宗相国寺派の寺院

。別名、銀閣寺(ぎんかくじ)として知られている。

足利義政によって造営された山荘東山殿を起源とし、義政の没後、臨済宗の

寺院となり義政の法号慈照院にちなんで慈照寺と名付けられました。